nonnative x Rainbow Disco Club
    2020.04.17

    Rainbow Disco Club
    大自然の中でダンスミュージックを堪能できる音楽フェスティバル〈 Rainbow Disco Club 〉。伊豆半島の緑豊かな山間で春に開催されるこのイベントは、出演するアーティスト、ダンサー、来場する大人から子供まで、あらゆる人々にとって心地よい場所となります。この光景は世界で最も絵になるフェスティバルとして認知され、有数のDJやパフォーマーが世界中から集まります。ハウス、ディスコ、テクノを中心に、DJ Harvey、Moodymann、Floating Points、Todd Terje、Giles Peterson、Antal and Hunee などの大物をはじめ、DJ Nobu、Kenji Takimi、Kuniyukiなどの国内の著名人も参加。ロケーションもさることながら、今や世界有数の野外音楽イベントへと成長しました。

    今年も例年通りの開催を予定していましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため中止が決定。しかしこの状況下で少しでも多くの方に特別な日を届けたい。という想いから〈 somewhere under the rainbow! 〉と題した12時間の有料ストリーミングイベントが配信されます。このイベントは4月18日(土)に伊豆のフェスティバル会場より、11組のアーティストがセットを披露する予定。ぜひご自宅でお愉しみください。

    somewhere under the rainbow!
    ライブ配信:4月18日(土) 12:00~24:00
    通常配信チケットはこちらから購入できます。:https://rainbowdiscoclub.zaiko.io/_buy/1mAa:Rx:5482c
    チケット購入期間 : 4月24日 23:59まで
    *アーカイヴ視聴期間 : 4月25日 23:59 まで

    nonnative x Rainbow Disco Club nonnative はこの春も音楽フェス〈 Rainbow Disco Club(RDC) 〉とのパートナーシップを継続し、プリントTシャツとキャップで、コラボレーションアイテムを制作しました。Tシャツは半袖と長袖の2型があり、コットン100%のミッドウエイトボディーを使用。背面にはオリジナルのグラフィックプリントが施され、胸には〈 RDC 〉と〈 nonnative 〉のロゴが入ります。キャップは、6パネルのベーシックな形にフロントに〈 RDC 〉のロゴ、バックには〈 nonnative 〉のロゴが刺繍で入ります。シンプルなカラーにグラフィックが配されたアイテムは、屋外でのアクティブなシーンのみならずデイリーにも活躍します。

    発売予定日: 2020年4月18日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    Rainbow Disco Club
    Rainbow Disco Club is considered to be one of the most idyllic music festivals in the world. The annual gathering in the Japanese countryside is a haven for ravers, campers and families alike. Set in a lush green valley on Izu peninsula, it is not only one of the most picturesque festivals there is, but consistently features the world’s most acclaimed DJ’s and performers. With a strong focus on house, disco and techno, Rainbow Disco Club alumni include international heavyweights such as DJ Harvey, Moodymann, Floating Points, Todd Terje, Giles Peterson, Antal and Hunee, along with local luminaries such as DJ Nobu, Kenji Takimi, Kuniyuki and more.

    Recognizing the threat of the gobal Covid-19 pandemic, Rainbow Disco Club chose to cancel this years edition of the festival. In its place, a special 12 hour paid streaming event titled "somewhere under the rainbow!" will be hosted online. The streamed party takes place on Saturday, April 18* and will feature artists performing sets from from the Rainbow Disco Club venue in Izu. For more information and tickets to view "somewhere under the rainbow!" please see the link below.

    somewhere under the rainbow!
    Tickets: https://rainbowdiscoclub.zaiko.io/_buy/1mAa:Rx:5482c
    Tickets sales end April 24 23:59 JST
    *After purchasing tickets, event will be archived for viewing until April 25 23:59 JST

    nonnative x Rainbow Disco Club
    nonnative continues its partnership with music festival Rainbow Disco Club this spring, collaborating on a series of print tees and caps. Coming in short and long sleeve options, the tees are made from a mid weight, 100% cotton fabric and feature original graphic prints to the back and dual logos on the chest. The 6 panel construction caps feature minimal RDC logo embroidered on the front and nonnative to the back.

    Release date: Saturday, April 18, 2020
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor

    DWELLER TRAINER COTTON CANVAS LIBERTY® PRINT
    2020.04.01

    nonnative Spring & SUMMER コレクションで登場したDWELLER TRAINER COTTON CANVAS。
    バルカナイズ製法で作られたこのシューズは、細めのラストとアッパーのキャンバス生地を洗いながら染める特殊加工を施し、最初から履き込んだ雰囲気を醸し出すnonnativeらしいアイテムです。今回はこのシーズンを象徴するアイテムに、コレクションのウェアで使用している「リバティプリント」をアッパーに落とし込んだスペシャルモデルを制作。「LEOPARD SPOTS(レオパード・スポット)」と称されたこのプリントは、ヒョウ柄がモチーフとなっています。この柄をカモフラージュ柄のような配色にアレンジし、ミリタリーの雰囲気も感じられるオリジナルカラーに仕上げました。またシューレースもブラックとホワイトの2色がつくためスタイリングの幅もより広がります。
    ベーシックなフォルムにリバティプリントを纏うことで、オリジナリティ溢れるシューズが完成しました。

    LIBERTY
    英国を代表する老舗百貨店でありながら、創生期よりシルクプリントの生産を開始。独自の色使いやデザインで人気を獲得した「LIBERTY(リバティ)」。木製のブロックを使うハンド・ブロック・プリントに始まり、やがてスクリーンを版とするハンド・スクリーン・プリントへ。繊細な手仕事が「リバティ」の名を世界に知らしめる独創的で美しいプリントを次々と生み出していきました。現在も43,000を超えるプリントの遺産が保存され、昔ながらのアナログと最先端のデジタル技術を駆使して年間約140種もの新たなデザインが生み出されています。いまや世界中の人々に認知されている「リバティ」は、いつの時代も美しいプリントを世に送り出す唯一無二のブランドです。

    発売予定日: 2020年4月4日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    nonnative continues its long-standing partnership with LIBERTY® of London for Spring & Summer 2020. Adapting the iconic print maker’s LEOPARD SPOTS pattern with a military inspired color palette, nonnative applies the modified print to a series of items throughout the collection. In addition to the jackets, pants and shirts featuring the striking pattern, nonnative has also applied the print to the collection’s lo-cut, vulcanized sole DWELLER TRAINER. Constructed from an all canvas upper, the shoes are finished with a special wash treatment, giving them a lived-in feel from the first wear. Each pair comes with both black and white rope lace options.

    LIBERTY
    Widely considered the United Kingdom’s most iconic department store, LIBERTY® of London’s foundations lay in its production and sale of premium printed silk and cotton fabrics. Starting with wood block prints and eventually moving to screen printing, LIBERTY’s delicate handiwork, original patterns and unique use of color saw the LIBERTY name known around the world. Today, an archive of more than 43,000 prints is still preserved and around 140 new designs are created each year using both traditional analogue methods, and state-of-the-art digital technology. For nearly 150 years LIBERTY® of London has been synonymous with the world finest fabric prints.


    Release date: Saturday, April 4, 2020
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor

    nonnative × WILD THINGS EXPLORER PUFF JUMPER "DENALI" NYLON TUSSER WITH eVENT® 3L
    2019.12.30

    WILD THINGS
    1981年、アメリカ・ニューハンプシャー州ノースコンウェイにて、登山家のジョン・ボチャードとマリー・ミューニエール夫婦によって創立されました。創業者のマリーは、スイスのシャモニーで代々続いているマウンテンガイドの娘として生まれました。優れた登山用品の重要性 を幼い頃より植えつけられてきたマリーは、これまで培ってきた知識と経験をフィードバックし、“軽くてタフでなければいけない”というコン セプトをもとに高性能なプロダクトを継続的に生み出し続けました。 1984年 、マリーは女性として初めてアンデス山脈最高峰アコンカグアの登頂に成功。( 〈ワイルドシングス〉の)製品テストチームの一員として、自ら手掛けたクライミングギアとウェアの高い機能性を実証すると同時に、歴史的快挙を達成したことで、彼女の名は一躍クライマー の間で知れわたることになりました。 その後は、アメリカ軍への商品納入、探検家やフォトグラファーとの商品開発を経て、パラグライダー用や犬ぞりレース用の製品開発をす るなど、創業からわずか数年で新たなステージへと突入し、高性能なプロダクトを継続的に生み続けることで、アメリカのアウトドア専門店 からも絶大な支持を得ました。また、近年はミリタリーウェアのサンプル作成にも着手し、ECWCS(拡張式寒冷地被服システム)のサプライヤ ーに認定されるなど、常に新しい実績を築き上げています。 2010年、ミリタリーライン〈WILD THINGS TACTICAL(ワイルドシングス タクティカル)〉は、米アウトドアギアメーカーの米軍特殊部隊向 けに開発された衣類を展開するブランドとして立ち上げられました。アウトドアで培った製造技術を元に陸、海、空、海兵隊の各部隊と密接 に連携されたデザインによる製品は、全て官給品として製造されています。その為、アウトドア用衣料とは異なり全て米国製で、最新の軍用 衣料に準拠した素材が使用されています。高品質ながらもリーズナブルな価格が評価され、高級衣料においては数ある有名アウトドアメー カーを差し置いて、最も多くの採用を勝ち取ったメーカーとなっています。 名実ともにアメリカを代表するアウトドアブランドへと成長した今日も、創業者のマリーの打ち出したコンセプトと飽くなき探究心は受け 継がれ、各界のプロフェッショナルを納得させる確かなモノ作りは、世界中から支持され続けています。

    DENALI JACKET
    1983年に防水性と保温性を兼ね備えるジャケットとしてリリースされました。〈ワイルドシングス〉の革新性と機能性をアピールすること に大いに貢献したブランドの代名詞的なアイテムです。 1990年代にはファッションアイテムとしても大ヒットし、その後もマイナーチェンジを繰り返しながら現在も展開され、多くの人に愛され 続けています。

    EXCLUSIVE CONTENTS
    デナリジャケットのディティールはそのままに、新たにnonnativeシルエットを用いてパターンを作成しました。 素材には *〈eVent®〉の3レイヤー素材を用い、さらに完全防水するためにシームテープ処理もされています(ベースとなるアメリカ製のデナリジャケットには施されていません)。 中綿には U.S. ARMY の「ECWCS GEN3 LEVEL7ジャケット」にも搭載されている、カシミヤ繊維の半分の太さの綿を使用した最高ランク の〈PRIMALOFT® GOLD〉を採用しています。 さらに、裏地には、某有名イタリアのダウンメーカーが使用している光沢のある保温性の高いファブリック〈DICROS®〉でその中綿をキルトしています。 胸のロゴネームは各生地色に合わせたグログランテープの上に文字を刺繍することにより、ミリタリー感を表現したデザインになっています。これは本企画のためだけに作られました。これらの最高級の素材を使用し、nonnative製品を手掛け続けている日本の熟練した職人の手によって製作された、スペシャルなデナリジャケットが誕生しました。 *eVent®:英国BHA社が開発した延伸PTFEラミネートの技術「Direct Ventingシステム」の防水透湿素材。独自の技術「Dry System」を駆使し、汗を外に放出しウェアの内側をドライに保つ画期的 なファブリック。

    発売予定日: 2020年1月3日(金)
    取り扱い店舗: vendor, COVERCHORD

    WILD THINGS
    Founded in New Hampshire in 1981, Wild Things began when John Bouchard and Marie Meunier created their own line of lightweight, high performance alpine gear. Both accomplished mountain climbers, the pair had grown dissatisfied with the specialist products available at the time and resolved to develop a line of high altitude technical clothing, climbing packs and equipment that fulfilled their needs. In 1984 Meunier became the first woman to summit Aconcagua, the highest ascent outside of Asia, using Wild Things’ clothing and climbing gear. The historic feat helped cement the brand’s performance capacity within the global mountain climbing community. As Wild Things’ reputation for tough, lightweight mountain gear grew it caught the attention of the U.S. Special Forces, leading to the development of new lines of highly engineered technical garments and carry equipment created for the U.S. Armed Forces. In 2004 Wild Things was certified as a supplier of the U.S. military’s Extended Cold Weather Clothing System (ECWCS), a modular clothing ensemble designed to maintain environmental protection in temperatures as low as -51°C. Since then, Wild Things has earned a reputation for tough, lightweight technical outerwear, alpine-style backpacks, durable haul–bags, and innovative tactical and military clothing. Wild Things’ products are currently in the field with every branch of the U.S. Armed Forces and often tailored for mission-specific goals.

    DENALI JACKET
    Fully waterproof and offering excellent heat retention, Wild Things’ Denali Jacket was first released exclusively for the Japan market in 1983. Highly regarded for its functionality in harsh environments, it also garnered cult-like status on the streets of Tokyo as an essential fashion item during the 1990’s.

    EXCLUSIVE CONTENTS
    While maintaining the core details of the classic Denali Jacket, nonnative created a new pattern, offering a revamped silhouette. The jacket is constructed from breathable yet fully waterproof eVent® membrane fabric. The cutting edge textile utilises a 3-layer expanded PTFE laminate “Direct Venting” system which ensures rain won’t get in but moisture is drawn out. All seams are taped ensuring total waterproof protection. The jacket is insulated by PRIMA LOFT®’s highest rank PRIMA LOFT®GOLD fill, made from special cotton fibers which are half the thickness of cashmere, as utilized by the U.S. military in their high performance ECWCS GEN3 LEVEL7 jacket. The lining is made from heat retaining, satin-like DICROS fabric. Special tonal color brand logo’s have been applied to the chest, which grosgrain tape detailing references military utility. Using the finest materials available, and employing premium Japanese construction, the next evolution of the much loved Denali Jacket has been born.


    Release date: January 3, 2020
    Exclusively available at vendor, COVERCHORD

    nonnative × SEIKO
    2019.12.10

    ■SEIKO
    1881年に創業された時計の修繕や輸入時計の販売を行う「服部時計店」がSEIKOの始まりです。1892年に「精工舎」を設立し、時計の製造を開始します。3年後の1895年には、初めての商品として、懐中時計タイムキーパーを製造。1913年に国産初の腕時計「ローレル」の製品化、1956年に国産初の自動巻腕時計を、1965年には国産初のダイバーズウオッチを発売するなど、日本の時計業界を牽引してきました。1969年に発表された世界初のクオーツ腕時計「クオーツ アストロン」は、セイコーが特許を公開したことで各メーカーがクオーツ時計の製造に参入し、市場を席巻。時計の歴史を変えた革命の一つともいわれています。
    ■SEIKO Prospex
    SEIKO Prospexは、ダイビングやトレッキングなど、スポーツやアウトドアシーンに対応する本格機能を備えたスポーツウオッチブランドです。“陸・海・空”の異なる3つのフィールドに通ずるラインアップは、1965年に発売した国産初のダイバーズウオッチに端を発し、50年以上に渡って弛まぬ進化を続け、世界中のプロフェッショナルから高い評価と信頼を獲得しています。
    ■EXCLUSIVE CONTENTS
    nonnative と<SEIKO>の第三回目のコラボレーションとなる本作は、SEIKO Prospexの別注クロノグラフ。無駄な要素をそぎ落としながら、文字盤のフォントや秒針、ベルトにいたるまでオリジナルで制作し、シンプルながらも重厚感のあるデザインに仕上げました。黄色の差し色がアクセントになり、都会的な佇まいながら、SEIKO Prospexならではのフィールドウオッチとしての機能も持ち合わせています。内リングを操作することで、カウントダウン機能をつかうことができます。針・インデックスには、「ルミブライト」を搭載し、夜間でも十分な視認性が確保されています。日常生活強化防水(10気圧)なので水にも強く、街はもちろん、アウトドアシーンでも共に出かけたい1本です。。

    ・サイズ
      W50.6mm × H42.0mm × D13.2mm

    ・素材
     ケース材質:ステンレスケース、裏ぶた部:ステンレス、バンド材質:シリコン、ガラス材質:ハードレックス

    ・駆動方式
     クオーツ(ソーラー)

    ・駆動時間
     フル充電時約6ヶ月

    ・精度
     平均月差±15秒

    ・防水性
     日常生活用強化防水(10気圧防水)

    ・仕様
     ルミブライト(針・インデックス)、アラーム機能(ワンタイムアラーム)、ストップウオッチ機能(1/5秒計測 60分計)、秒針停止機能、裏蓋シリアルナンバーつき、スクリューバック

    発売予定日:2019年12月14日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    ■SEIKO
    The story of iconic Japanese watchmakers SEIKO began in 1881, when 22 year old Kintaro Hattori opened a shop in central Tokyo selling and repairing imported timepieces. In 1892, he established the 'Seikosha' factory and began manufacturing the first clocks made in Japan. By 1895, he created a pocket watch, the Timekeeper, and in 1913 the Laurel, Japan’s first wristwatch. SEIKO continued its run of Japanese ‘firsts’ when it released the first self-winding watch in 1956 and the first divers watch in 1965. SEIKO’s Quartz Astron, unveiled in 1969, was the world’s first quartz watch, and, boasting extraordinarily high accuracy, was a revolution in timekeeping. The Quartz Astron was born from technology developed for the 1964 Tokyo Olympics, where SEIKO, as official timekeeper, set a new precedent for accuracy at the worlds biggest sporting event.

    ■SEIKO Prospex
    SEIKO’s Prospex series is designed for sports lovers and adventure seekers who challenge the limits, whether in the water, the sky or on land. With its origins dating back to SEIKO first ever diver's watch in 1965, the Prospex series is trusted to perform when precision and reliability is key. The evolution of the line has seen numerous models developed, catering to the needs of outdoor and sporting professionals around the world.

    ■EXCLUSIVE CONTENTS
    The third collaboration between nonnative and SEIKO is a bespoke take on the SEIKO Prospex chronograph. Removing all unnecessary elements, the design offers a simple and assured revamp of the base model. It features original fonts on the dial, a new seconds hand and a bespoke strap. Yellow accents offer an urban aesthetic, whilst rotating the inner bevel operates a countdown function. The hands and index feature Lumibrite finish, providing illumination at night and underwater. Water resistant to 10 ATM the watch not only performs at great depths and in a variety of outdoor settings, but with its sophisticated design is also ideal for city use.

    ・ Size
    W50.6mm x H42.0mm x D13.2mm

    ・ Material
    Case: Stainless steel, Back Cover: Stainless steel, Band material: Silicone, Glass: Hardlex

    ・ Movement Type
    Quartz (solar)

    ・ Duration
    Approx. 6 months fully charged

    ・ Accuracy
    ±15 seconds per month

    ・ Water Resistance
    Enhanced waterproofing for daily life (water resistant to 10 ATM)

    ・ Additional details
    Lumibrite (needle / index), Alarm function (one-time alarm), Stopwatch function (1/5 second increments / 60 minutes), Second hand stop function, Back cover serial number, Screw back

    Release Date : 14 December, 2019 (Saturday)
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor

    nonnative × RUSH HOUR
    2019.11.26

    RUSH HOUR
    1997年、アムステルダムに誕生した小さなレコードショップ〈 RUSH HOUR 〉。通信販売から始まったショップは活動を広げ、翌年にはアーティストのディストリビューションを始めるとともに、レーベルとパーティーも運営。当時まったく新しいエレクトロニック・ミュージックをアムステルダムに持ち込んだ彼らは、後に多くの人々の支持を受け、世界のダンスミュージックシーンで最も重要なレコードショップ、レーベル、ディストリビューターの一つに成長しました。いまなおレアなレコードを発掘し、新たなアンダーグラウンドのアーティストをサポートすることで、ジャンルや世代を超えて、モダンシーンに重要な役割を担い続けています。

    nonnative x RUSH HOUR
    〈 RUSH HOUR 〉の創設者、Antal Heitlagerは今年開催されたミュージックフェスティバル“Rainbow Disco Club”にヘッドライナーとして出演。その際、nonnativeのTシャツを手にし感銘を受け、コラボレーションの声をかけました。 両者ともに90年代後半にスタートした点や、クリエイティヴへの称賛、そして音楽に対する愛情など、共通する価値観は多く、パートナーシップは自然な形で実現しました。アイテムは半袖、長袖のTシャツ2型。各アイテムBLACK、WHITE、 BLUEの3色展開で、オリジナルのグラフィックが背面に、両ブランドのロゴが左胸にプリントされています。またRUSH HOURアーティスト、Sassy J.による〈Patchwork〉というタイトルのコンピレーションCDが付属。これは日本のみのリリースであり、Ron Trent、2000Black、Larry Heardなどのエクスクルーシブな音源や未発表曲をフィーチャーしたスペシャルな1枚となります。

    発売予定日:2019年12月5日(木)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    RUSH HOUR
    After starting out in 1997, selling records by mail-order from a student flat, Amsterdam’s RUSH HOUR has grown to become one of dance music’s most important record stores, labels and distributors, not only in its homeland the Netherlands, but around the world. RUSH HOUR’s dedication to unearthing, compiling and reissuing forgotten gems - introducing them to new audiences along the way - combined with its stoic support of new underground talent and sounds, has played a vital role in the growth of a thriving modern scene that transcends genres and generations.

    nonnative x RUSH HOUR
    Impressed by a nonnative t-shirt he wore while headlining Japanese music festival Rainbow Disco Club, RUSH HOUR boss Antal Heitlager reached out to collaborate on a special series of items. The two brands’ similar chronologies, shared values, and of course, common love of music, made the partnership a natural one. The offering encompasses short sleeve and long sleeve t-shirts in BLACK, WHITE and BLUE, each featuring an original graphic back print and brand logos on the chest. Each t-shirt comes with a free CD, ‘Patchwork’, by RUSH HOUR artist Sassy J. The compilation CD is a Japan-only release, and features exclusive and previously unreleased music from artists such as Ron Trent, 2000Black and Larry Heard.
    rd.

    Release Date : December 5th, 2019
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor

    nonnative × SUICOKE®
    2019.11.18

    SUICOKE
    2006年にシューズブランドとして本当に自分たちが欲しい物、所有したい物だけを作っていく、挑戦的創造開発をコンセプトに高品質シューズをメインにスタートしました。 特にシューズに関しては世界的ソールメーカーのVibram社との取り組みも深く、他社に先駆け 〈Vibram®〉 ソールを搭載したサンダルのリリースや、マーブル柄の 〈Vibram®〉 ソールの開発など多岐に渡ります。また、2012年夏より独自開発のオリジナルサンダルラバーフットベッドを使用したサンダルを発表。2014年春夏モデルではヴィブラム社との開発でこれを更に進化させ、世界初となるオリジナルサンダルラバーフットベットを発表するなど、挑戦的な開発を継続する唯一無二のシューズブランドです。

    EXCLUSIVE CONTENTS
    〈SUICOKE〉が展開するムートンブーツ「ELS-Mwpab-MID」を ベースに、シルエットや素材、加工にアレンジを施したモデルとなり ます。 このブーツの特徴はまずソール。濡れた氷上などでもグリップを発 揮する〈Vibram®〉の最新ソール、「Vibram® ARCTIC GRIP」を 搭載していることです。このソールは都市から冬の雪山まで、あらゆ る環境下でしっかり歩くことが可能です。 カラーは nonnative AW2019 コレクションで展開する BEIGE、 NAVYで製作。内側のボアも同色で揃えました。
    別注の仕様としては履き口の高さを2cm高く設定し、nonnativeのパンツとを相性も加味して足首周りを細く調整しました。これによりボアブーツの存在感を保ちながら、すっきりとしたフォルムに仕上がっています。バックジップがついていることで、細身ながら足入れの際のストレスも解消されます。ほかアッパーには汚し加工を施しヒールにはエンボス仕様のブランド刻印、バックジップレザーの引手などを付けることで、独自のシルエットと風合いを持ったブーツに仕上がっています。

    Vibram ARCTIC GRIP
    ヴィブラムアーティックグリップは、冬の足元の常識を変える 〈Vibram®〉史上最高の、寒冷地におけるグリッピングシステムで す。それは、最も危険な濡れた氷の上でのグリップに特化した配合 であり、金属の含有をなくした最先端の技術による新しい冬用のラ バーソールです。

    ー アーティックグリップの特徴 ー
    ・すべりやすい濡れた氷の上での制動力
    ・他の冬用ソールと比較して傑出した耐久性
    ・滑り止めとして金属を使用していない、床を傷つけにくい素材

    発売予定日:2019年11月23日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor, その他nonnative取り扱い店舗

    SUICOKE
    Founded in 2006, SUICOKE set out to create functional footwear that was of the highest possible quality. Little more than a decade later, the brand has amassed a catalog of products that have redefined the boundaries for both comfort and style in sports sandals. A strong relationship with Vibram®, one of the world’s leading manufacturers of rubber soles, led to the development of not only an original outsole, but also an original ergonomically moulded footbed - the first time the Italian sole makers had done so with a sandal brand. Lightweight, supremely comfortable and constructed from premium materials, SUICOKE designs represent the pinnacle of functional sandals today.

    EXCLUSIVE CONTENTS
    Using SUICOKE’s ELS-Mwpab-MID model as a base, the mouton boot has been reworked with a taller, slimmer silhouette. The boot is equipped with the latest Vibram® Arctic Grip sole, which is specifically designed to perform on wet, slippery ice. In keeping with nonnative’s 2019 Autumn & Winter collection color palette, the shoe is available in BEIGE and NAVY, both with tonal boa lining. From icy urban streets to snow covered alpine regions, you can rely on these boots to keep you warm and stable underfoot.

    Vibram ARCTIC GRIP
    VIBRAM® Arctic Grip is the most advanced cold weather gripping system of its kind. The fully rubber sole was created with state-of-the-art technology, formulated specifically for gripping on slippery surfaces.

    ー Features of ARCTIC GRIP ー
    • Braking power on wet ice
    • Outstanding durability
    • Doesn’t contain metal, which can damage flooring

    Release Date : November 23th, 2019
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor, その他nonnative取り扱い店舗

    nonnative x GUIDI
    2019.10.15

    〈GUID(グイディ)〉は、1896年にイタリア・トスカーナ州のペーシャにて創業した「CONCERIAGUIDIEROSELLINI (コンチェリアグイディロゼリーニ)」社より誕生したレザーブランドです。タンナーを率いるRuggeroGuidiにより、2005年秋冬シーズンよりスタートした〈GUIDI〉は、永く培ってきた経験と伝統を駆使しながらもテクノロジーを取り入れることで、新たなタンニングを生み出しつづけています。大量生産ではない伝統を織り交ぜたユニークなものを欲する人の為に、靴を中心としたレザーアイテムを発表しています。〈GUIDI〉の特徴は、製靴後にタンブラーによる製品染めの手法を採っており、それゆえ通常製法とはちがう、1点1点独特の雰囲気を持った製品が生まれることです。またベジタブルタンニング製法という昔ながらのなめし方法により、〈GUIDI〉のアイテムは使えば使うほどに味がでて、経年変化を楽しむことができます。熟練した職人でなければ作り得ないクオリティであり、ストレスを感じさせないその履き心地は、所有者だけが体感できうる唯一の特権です。それゆえに多くのレザーブランドの中でも独自の人気と存在感を放っています。

    EXCLUSIVECONTENTS
    今回nonnativeは、〈GUIDI〉のアイコンでもあるバックジップ仕様のブーツ「788VBABYBUFFALOREVERSE」をベースに別注カラーを製作。グッドイヤーウェルト製法で作られたこのブーツは、歩けば歩くほどに足の形をしっかりと記憶し、よりフィットしてきます。ソールにはヴィブラム®ソールを貼り合わせることで、レザーソールとは異なる存在感を発揮し、悪天候にも耐えうる安心感をもたらします。また今回の別注では世界で始めての仕様が2つ。裏革(スウェード)での別注カラーをオーダー、そして通常はブランド名をアウトソールに入れるところをインソールにロゴを配置した事です。使用しているホースレザーは柔らかくもはりがあり履き込むほどに足に馴染んでいきます。100年以上の歴史を誇るイタリアトスカーナの伝統技術に新たな技術と仕様を施した、世界でも類を見ない1足が完成しました。

    発売予定日:2019年10月19日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    GUIDI
    GUIDI’s roots date back to 1896, when the leather tannery CONCERIA GUIDI ROSELLIN was founded in Tuscany, Italy. In the early 2000’s, the current owner of the family-run business, Ruggero Guidi, began developing a line of accessories and footwear, fusing the tannery’s heritage of traditional craftsmanship with the introduction of new and innovative technologies. The leather tanning process itself remains unchanged, using chestnut-tree tannin, an astringent material which in used to stiffen the finished product. Hand-made by master craftsmen, the fully formed shoes are then placed in a drum where they are tumbled and dyed, making the shoes look and feel soft, and rendering the entire shoe the same color. 

    EXCLUSIVE CONTENTS
    For the first time in Japan, an exclusive color has been been applied. The base model is GUIDI’s iconic “788V BABY BUFFALO REVERSE” back-zip boot. The boot is constructed using a Goodyear Welt, ensuring an improved fit with every wear. A thick Vibram® outsole has been applied, creating a altogether new look and offering secure traction in all conditions.  The boots’ rich beige color suede is a world first, as is the relocating of the brand’s logo from its standard position on the outsole, to the insole of the boot. Horse leather has been chosen for its soft and supple quality, ensuring the boot will mould comfortably to the wearer’s foot over time. Balancing both brands’ core aesthetics, the NONNATIVE BACK ZIP BOOTS HORSE LEATHER by GUIDI are a unique amalgam of century-old Tuscan craftsmanship and contemporary design.

    Release Date : October 19th, 2019
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor

    nonnative × IDEA × Public Release Recordings
    2019.10.14

    IDEA
    DavidOwenとAngelaHillによって設立され、ロンドンを拠点にヴィンテージの本の販売、アーティストとのコラボレーションから制作される本の出版、更にはTシャツやバッグなどファッションアイテムのデザインまで手がける〈IDEA(アイディア)〉。
    彼らの独自のブックセレクションと、アポイント制で顧客に本を提案するスタイルは、瞬く間にアーティストやファッション関係者に広まり、現在では、BruceWeberやJoeMcKennaをはじめとする、アート、ファッション業界のトップクリエイターも顧客リストに名を連ねています。
    DOVERSTREETMARKET LOSANGELES、DOVERSTREETMARKETNEWYORK及び、2016年にはDOVERSTREETMARKETGINZAでもブックコーナーを展開するなど、いまや〈IDEA〉は“Superbookseller=最高の本屋”呼ばれる存在となっています。

    PublicReleaseRecordings
    レコードレーベル〈PublicReleaseRecordings(パブリック・リリース・レコーディングス)〉は、〈Apple〉のインダストリアルデザインのチームメンバーを初期より務め、パーティープロモーターとしても活動しているEugene“Eug”Whangにより、2009年にサンフランシスコで設立されました。
    “音楽、文化、パーティーが好きな人のためのレーベル”をコンセプトとし、基本的に自分たちや、友人など繋がりのある人が作るものを、不定期にリリース。過去にはTimSweeney、JacquesRenault、MarkE、EarthBoysなどの音源16タイトル制作し、リミキサーも含めると20名以上のアーティストの作品をリリースしています。

    EXCLUSIVECONTENTS
    2017年にEugene“Eug”Whangとの友人関係から、好きな音楽やデザインをシェアした中で生まれたnonnativeと〈PublicReleaseRecordings〉のカプセルコレクション。
    今回はそのEugeneと親交があり、アートやファッションの世界でも注目を集める〈IDEA〉を交えたトリプルコラボレーションとなります。きっかけは〈IDEA〉創設者のDavidOwenとAngelaHillが、2017年の〈PublicReleaseRecordings〉とのコレボレーションアイテムを手にし、nonnativeのプロダクトに感銘を受けたことでした。
    今回のコラボレーションでは、それぞれの強みであり、共感するFASHION、ART、MUSICをnonnativeのプロダクトで表現。
    アイテムは〈SILAS〉や〈PALACESKATEBOADS〉、〈MarcJacobs〉などのロゴも手掛けたロンドンのグラフィックデザイナーFergusPurcelが手がける”feeling”のグラフィックをキーに、フーディ、Tシャツ、キャップを制作しました。
    ファッションのみならず様々なカルチャーに共鳴する3者の理念が凝縮されたコレクションとなります。

    発売予定日:2019年10月19日(土)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor, IDEA, DOVER STREET MARKET LOS ANGELES,  DOVER STREET MARKET GINZA

    Public Release Recordings
    Under the unofficial tagline “It’s not a genre, it’s a feeling”, San Francisco based independent record label Public Release Recordings was founded by Eugene “Eug” Whang in 2009. A DJ and party promoter by night, Eug spends his days as a long-standing member of Apple’s legendary industrial design team. The label, launched as a platform for music produced by Eug's immediate circle of friends, is home to cult underground music figures such as Tim Sweeney, Velvet Season & The Hearts of Gold, Eric Duncan, Force of Nature and Mark E.

    IDEA
    Founded by David Owens and Angela Hill, London-based “Superbookseller” IDEA has welcomed many of the world’s top fashion designers, photographers and creatives through its doors over the years, each eager to view the small library of phenomenally well-curated, vintage books and magazines that lie within. IDEA began publishing its own books in 2015 and has since released books by Harmony Korine, Gosha Rubchinskiy, Terry Richardson, Alasdair McLellan and more. With shops in DOVER STREET MARKET’s LONDON, LOS ANGELES, NEW YORK and GINZA locations, IDEA’s offering extends to t-shirts, bags and merchandise.

    EXCLUSIVE CONTENTS
    After first aligning in 2017, nonnative and Public Release Recordings take their culture-merging partnership one step further in 2019, this time bringing London’s IDEA into the fold. Coming in Black, Beige and Blue options, the series feature both prints and embroidery, with the hooded sweatshirts coming in an overdyed finish. All items are made in Japan and express the finest in Japanese craftsmanship. Bridging fashion, records and books, the collaboration is drawn together by graphic artist Fergus Purcell’s (Silas, Palace, Aries) original “FEELING” print - an ode to emotions inspired by the analog, cultural mediums where the three partner brands converge.

    Release Date : October 19th, 2019
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor, IDEA, DOVER STREET MARKET LOS ANGELES,  DOVER STREET MARKET GINZA

    DWELLER TRAINER HI COTTON CANVAS WITH GORE-TEX® 2L VW
    2019.09.23

    SPINGLE COMPANY
    スピングルカンパニーは、熟練した靴職人の手によって一つひとつの工程を丁寧に仕上げられる、備後発のハイクオリティシューズ 「スピングルムーヴ」を展開するファクトリー。
    スピングルカンパニー府中工場は、1933年から稼働しており80年以上の歴史をもち、スピングルムーヴは設立当初より伝統的なバルカナイズ(加硫)製法で生産されています。現在、この製法が出来る国内工場は僅かしか残っておらず、国内では極めて希少価値の高い製法になっています。またスピングルカンパニーでは、アウトソールから製造をしており、各種ゴム素材などを一括して管理・生産する事により品質面に細心の注意を払いながら、国産ならではのハイクオリティーシューズを実現しています。
    見た目はローテクながら機能性にもこだわり、日本人に合わせたラストで履き心地を追求しています。
    また、スピングルムーヴでしか味わうことの出来ない中敷の柔らかさや、革靴の製法を取り入れた足当たりの良いフラットなライニング処理など、拘りが随所に施されています。

    ー「スピングル」とは、回転の意のspinと進行形~ingの造語で、世界に通用するシューズとして一歩一歩らせん階段を上がるように進化し続けたい、という想いが込められている。ー

    DWELLER TRAINER HI COTTON CANVAS WITH GORE-TEX® 2L VW
    木型からアッパー、ソールの仕様まで細部にわたりゼロからデザインされ、スピングルカンパニーにて制作されたオリジナルスニーカー。今回は4月に発売されたファーストモデルから新たにBEIGE、GRAYのカラーが登場。GORE-TEX®のライニングもブラックに変更し、より洗練された印象にアップデートしました。
    アッパーには防水・透湿性を持つGORE-TEX®メンブレンと耐久性生地をラミネートファブリックスとして使用し、表生地には「リキプルーフラブス」というプロテクターで撥水・防汚処理を施しています。このプロテクターは、生地やレザーを水や油から守る力が非常に強力で、長く持続します。また100%無害・無毒でのため環境にも配慮されています。この新たな加工とともに、国内では現在わずかな工場でしか生産できない「バルカナイズ(加硫)製法」を用いることで、強度があり、美しいシルエットのスニーカーが完成。国内屈指の職人技術とヴィンテージ加工で仕上げられたクラシカルな佇まいに、GORE-TEX®の機能が融合された、スペシャルモデルです。

    ※このアイテムはソールに特殊なビンテージ加工を施しております。
    汚れ、シワ感など個体差があり、左右でも差がある物もございます。

    発売予定日:2019年9月27日(金)
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor

    nonnative x new balance® CM996NNS
    2019.07.19

    About new balance®
    1906年にマラソンの街ボストンで生まれ、スポーツブランドとして 100年以上の歴史をもつニューバランス。「スポーツを愛する全ての人に最高の履き心地を提供し続けたい」という想いをもとに、独自のフィッティングシステム「ウイズサイジング」を、シューズ自体の設計や構造からフィット性を最優先に追求したシューズづくりを行っています。それはどんなに優れた機能を備えていても、フィットしなければ意味がないと考えるからです。

    CM996
    1988年に登場し、今も語り継がれる不朽の名作「M996」。卓越した履き心地はもちろん、どんなスタイリングにもマッチするブランドの“STANDARD” な名作として、今日も多くの人々を虜にしています。今回、従来の「MRL996」から履き心地新たに生れ変わった 「CM996」のローンチに伴い、ブランド、セレクトショップ、スニーカーショップが集う〈996 Collaboration Project〉にnonnativeも参画。アップデートされた機能と共に、全く新しい「996」のデザインを生み出しました。

    Exclusive Contents
    一番大きな特徴は、アイコニックな「N」のマーク使用せず、刺繍で 「NB」マークを入れたことです。このマーク変更で、今まで類を見ない「996」が誕生。イン・アウトで「NB」刺 繍のカラーも変えています。アッパー素材を毛足の長いスウェードとホワイトレザーに変更し、ソールには汚し加工を施すことで、レトロランニングシューズをイメージしました 。 “ストリート=コンクリート”の解釈を基に、カラーはグレーをベースにホワイトとブラックが入り従来の「996」に比べ、ソリッドな印象に仕上げています。 またインソールには“コンクリート”をイメージしたオリジナルプリントが入り、シューズ全体のイメージにアクセントを加えます。 そのほか今回は着用するスタイルにもこだわりました。紐を取り外して着用できるよう 、タンの中心部分にエラスティックゴムを付けることで甲で止められる仕様となっています。その際、より ストレスなく着用できるよう、タン全体に通常の1.5倍の厚みをもた せました。 ほか各パーツのステッチも今回のデザインのために変更しており、 nonnativeのオリジナリティが随所に詰め込まれた1足となっています。

    DESIGNER'S COMMENTS - Takayuki Fujii
    「996」自体あまり好んで履くモデルではないですが、このモデルの イメージは、街や公園など場所を問わずかなり幅広く愛用されてい ると感じていました。なので、インラインにおいても数えきれないほ どのカラーウェイが存在しているようです。 これまでのコラボレーションは私たちがモデルを選び、ありそうで なかったカラーや素材で表現してきたので、こんなにポピュラーな モデルは逆に自分から選ばないし、ましてや、あまり履いたことがな いので大変難航しました。そこでコラボレーションのポイントを4つに絞りました。
    ・1つ目、通常の996に見えないこと。→ Nロゴを外し、NBの刺繍に変更。
    ・2つ目、80年代くらいの中古品に見えること。→アッパー素材を毛足の長いスエードにし、ソールにヴィンテ ージ加工を施す。
    ・3つ目、テーマをつけること。→ “ポピュラーなモデル = ストリート”と解釈して、アスファルト やコンクリートをイメージさせる薄いグレーで表現。さ らに インソールは、コンクリートに落書きされてるイメージでデザイン。
    ・4つ目、バンズやコンバースをよく履く人が履けること。→ 要は紐を緩めても履けるようにベロの厚みを倍にして、かつエラスティックのゴムを付ける。以上のポイントを全てクリアし、全く新しい「996」に生まれ変わったと思います。

    ※このアイテムはソールに特殊なビンテージ加工を施しております。
    汚れ、シワ感など個体差があり、左右でも差がある物もございます。

    発売日:2019年7月27日
    取り扱い店舗: COVERCHORD, vendor, ISETAN MEN’S 6F / MEN’S CONTEMPORARY, MISTER HOLLYWOOD

    CM996
    The New Balance M996 is a timeless classic. To coincide with the launch of the new, enhanced comfort CM996, New Balance tapped nonnative to contribute to the “996 Collaboration Project”. The project brings together key brands, select stores and sneaker shops to work with the running shoe maker on a series of collaborations celebrating the iconic 996 model.

    EXCLUSIVE CONTENTS
    For nonnative's reinterpretation, the most striking update is the absence of the iconic N branding on the shoe’s side quarter panel. In its place instead is a smaller embroidered "NB" logo. A long grain “hairy” suede has been applied to the upper, while the sole has been treated with a special stain finish, giving it a distinctive, retro appearance. Adopting a "concrete" inspired theme, the color palette consists of a grey base, with white and black elements throughout. Additionally, in keeping with the theme, the insole features an original "concrete" print. Another special feature is the addition of elastic straps on either side of the tongue, securing the foot even when wearing with laces removed. For added comfort and a snug fit when wearing this way, the tongue’s volume has been increased to 1.5 the standard thickness. The stitching of each panel has also been altered, adding an original nonnative touch across the shoe.

    DESIGNER'S COMMENTS - Takayuki Fujii
    The 996 has been hugely popular shoe for a very long time. Its a shoe you see people wearing on the streets and in parks in towns everywhere. Given its popularity there have been countless inline colorways released over the years. I always try to present collaborations in a unique color and material, so it was a real challenge to be working on such a popular model to find a way of presenting it in a new way. With that in mind the key changes made for this collaboration are:

    ・ Altering the appearance from a standard 996 → The large N logo has been removed and replaced with smaller NB branding.
    ・Make it look like a used sneaker from the 80’s → A long grain suede has been applied to the upper and a vintage treatment on the sole.
    ・Applying a theme → Using the interpretation “A popular model = Street” I chose a light grey color to give it an asphalt and concrete felling. Additionally the insole features a concrete print.
    ・I wanted to make a shoe for people who wear Vans and Converse as well → By doubling the thickness of the tongue and adding elastic straps, it can be worn comfortably with laces loosened or removed.

    With these elements in place I think a new 996 has been born.

    Release Date : June 27th, 2019
    Exclusively available at COVERCHORD, vendor, ISETAN MEN’S 6F / MEN’S CONTEMPORARY, MISTER HOLLYWOOD

    CONTACT US © TNP CO., LTD.